21:山梨名産!桃の美味しい食べ方

知り合いで桃やぶどうの農家をやっている方が何人かいます。
山梨県の方はそのような知り合いをお持ちの方も多いと思いますが、 若い農家も増えており皆さんとても情熱的に果物作りに取り組んでいるように思います。
農家の方に美味しい食べ方を伺いましたが、 桃はだいたい7月に入ると出荷が始まるそうですが、桃はあまり冷やしすぎずちょっとひんやり感じるぐらいの温度で食べるのがいいそうです。丁度井戸水ぐらいの温度だそうですが、冷たすぎると舌の甘さを感じる部分が麻痺してしまい果物の持つ本当の甘みを感じにくくなってしまうんだとか。
なるほど。 確かに冷蔵庫に入れておかない方が甘いなぁと感じることは多々ありましたが、甘みも感じられてひんやり感もしっかりあるおいしい温度というのがあるんですね。 桃
ちなみに山梨では桃を硬いうちに、りんごのようにガリガリと食べる食べ方もあります。 甘みは少なくさっぱりしますが、それはそれでまた違った美味しさが楽しめます。
山梨県外の方にはもし機会があったら一度やってみてもらいたい食べ方のひとつです。 山梨ではこの食べ方を好む方も少なくありません。
ぜひ山梨の美味しい果物を食べて貰って、「やまなしはおいしい」と感じて貰えれば嬉しいです