味噌ラーメンの初志貫徹

山梨県で味噌ラーメンと言ったら今や知らぬ人はいない?初志貫徹。

大里に店舗があった頃にはちょくちょく行ったのですが、次第に人が多くなり行列を作るようになり、店舗が移転して足を運ばなくなっていました。

もう店舗が移転してから数年?立つと思いますが、先日新店舗の方へはじめて行きました。

思っていたよりも店は広くなくカウンターメインで元々は吉田うどんのお店だったはずです。

テーブルも奥の方に少しあるようでした。

その日も早めにお店には入ったのですが、少しだけ待ち、その後も席を待つお客さんがおりました。

久しぶりで味を忘れてしまった?のかもしれませんが、あれ?こんなかんじだったかな?といった印象でした。これはスープにも麺にも思ったわけですが、久しぶり過ぎてかここがこうという感じに明確にはわかりませんでした。

最近めっきり冷えてきたので今年の冬は美味しい味噌ラーメンのお店探しをするべく初めてのお店に積極的に入って行きたいなと思ってみたり。

春日通りとイトーヨーカドー近くのつけそば、さんぷくへ

つけそばのお店、さんぷく。

はるか昔に、甲府市春日通りにあるさんぷくへ友人と行ったことがある気がします。

もちろんそんな前ですから味の記憶もないのですが。

最近というほど最近でもないと思うのですが、イトーヨーカドー甲府昭和店の南側店舗にさんぷくの2号店?が出来ました。

つけそば(つけ麺)は決して嫌いではないですが、食べ終わるとスープが恋しくなってしまうのであまり積極的に食べないことが多いのですが、ちょうど話に上がったので行ってきました。

お店はおしゃれな感じですよ。

時間は15時前頃、中途半端な時間に入りました。やってるかどうかすら不安でしたけど。

さすがにそんな時間なので店内にお客さんはいませんでしたが、食しているとお子様連れの奥様や女性のみのお客様が入店してきましたね。お店の雰囲気なのか、客層が普通のラーメン屋さんなんかとは少し違うのでしょうかね。変な時間なので一概に言えませんけど。

麺は太麺か細麺かを選べますが太麺をチョイス。スープは程よい酸味があって酸味に強くない私でもいい感じです。つけ麺はどうしても普通のラーメンより値段が高い傾向があるのが残念です。スープがないのにと思ってしまう私は貧乏症ですね、ええ。

つけ麺自体食べるのは久しぶりな気がします。これから暑くなりますし、久しぶりのつけ麺(つけそば)が好みな味だったので今年はいつもよりつけ麺に挑戦する回数が増えそうです。

というのがGW頃だったでしょうか。

先日、甲府市中心部を歩く機会がありまして今度は春日通りのさんぷくを訪れました。

店内はレトロさが1周してモダンさすら感じさせますし、店員さんも白シャツに黒ズボンという昭和のデパート屋上レストランなんかを思わせる装いで、店員さんは全て男性でした。広い店内ではないものの、多くのスタッフが配置されており行き届いた感じに好感を持ちましたね。価格も消費税の上乗せすらせず実質値引きでした。甲府昭和も値段は同じだったような気がします。こういうのに悪い気がする人はいないでしょうし。

しいて言えば中心商店街に行くのが少々面倒といった感じですかね。商店街にはあまり人がいない割にお店にはしっかり人がいて、ふらっと立ち寄るというよりもここを目指してくる人が多いのかなといった印象でした。

また来ようと思えるお店が増えるのはいいことですね。

甲府市のカレーのお店ナイルへ

甲府市の武田通り、山梨大学近くにあるカレーのお店「ナイル」。

もう昔からここにこのカレー屋さんが存在することを知っていながら、これまでずっと訪れることがなかったお店です。

エジプトのナイル川を思わせる店の名前をしつつもインド料理であるカレーを欧風で出す甲府市のお店。なんか世界を股にかけた感じですえ。

よく欧風カレーと聞きますが、よく知りません。ヨーロッパではそれほどカレーはポピュラーじゃないイメージありますしね。

一時期ナンを提供するインドカレーのお店が街に増えましたが、ここ最近は一段落したような印象があります。

ただ、カレーというのはラーメンと並ぶ日本人の大好きな料理ながら、ラーメンと比べるとずっととお店の数は少ないように思えます。家庭で食べるカレーの評価が高いんでしょうか。

ちなみにチェーン店では「COCO壱番屋」が有名ですね。山梨にもいくつか店舗がありますし。最近よく聞くゴーゴーカレーについては食べたことがありませんがぜひ一度食べたいなあと気にはなっています。一番近くて八王子なんですけどね。

お店は細長くカウンターが中心のお店です。ご夫婦で切り盛りされているんでしょうかね。雰囲気はカフェに近いでしょうか。

味については手が込んでいるのがわかります。ただ残念ながら私はカレーの味を表現するボキャブラリーを持っていません。ラーメンだと麺がこうだことのスープがとんこつベースでとかあるんですけどね。カレーって煮込まれているのもあって難しいですよね(いいわけ。

最もオーソドックスなメニューを食べました。1050円かな。今日以降は1080円でしょうかね。

辛さは2倍刻みで10倍ぐらいまで選べました。私は普通で食べましたがベストの辛さでした。ご飯は武川米を固めで一粒一粒パラパラした感じに炊いていました。定食なんかでこの硬さは嫌ですが、カレーにはバッチリあっているように思えました。あくまで主観です。

お店のマスターの雰囲気なんかも好感が持てる感じでした。マスターとか言っちゃうそんなお店の雰囲気ですしね。

個人的にはチキンカレーが好きなのでこれにチキンが!チキンがあればーとその点残念に思えたわけですが、カツカレーはありましたので次の機会にはカツカレーをと思いましたね。つまりは再訪アリなお店ということです。

まあここに書くお店は全てそうなんですけどね。

ちょうど今日あたりは武田通りの桜も綺麗に咲いていることでしょう。

とんとんは市川三郷町じゃなくて中央市なんだな

先日、久しぶりにラーメンとんとんを訪れて思い出しました。

あ、そういえばブログみたいなこと書いてたなって。ひどいですね。
過去に例のないような大雪とかあってネタには困らなかったはずなのにね。

とんとんといえばあのとんとん肉と自家製?麺ですね。ちなみにお店の前には、お肉の確保が大変だからダブルトントンはちょっと無理ね。って書いてありましたよ。

とんとんはもう30年いやもっと前からあったと思います。小さい時には家族旅行で静岡方面に行った帰りに食べたりした記憶もありますが、その後はあまり足を運ぶ機会はありませんでした。お店自体も良く言えば昭和レトロですが、悪く言えば田舎の国道沿いなんかに昔よくあったレストランっていう建物です。でもまあ建物食べる訳じゃないので私はあまり気にしない。

けれど時代に媚びて流行りに流されたりしていないからか、最近はとくに安定して混んでいる印象があります。時間帯によっては入れなかったり、麺やとんとん肉が終わってしまえば早くても閉店となってしまうので食べられないということもあったりしますね。

私も久しぶりに訪れるようになったのはせいぜいここ10年以内ぐらいなのですが、その頃よりも最近のほうがとんとんは好きです。最初の頃は、「あーこんな味だったっけねえ」なんて印象で気が向いたらまた来るかなぐらいだったのですが、回数を重ねてどんどん好きになり来訪周期が短くなっていくパターンです。吉田のうどんもそのパターンでですが、逆に回数重ねるごとに足が遠のくときはこちらも寂しかったりしますね。あそこのお店、最初の頃は好きだったんだけどなって。

とんとんでは大抵塩とんとんを食べるわけですが、カレーラーメンも大好きです。とんとんの肉が細かくなってカレーに入っているので。カレーライスも気になるわけですが、ラーメンを食べたくてとんとんに行くのでどうしてもチョイスできずにいます。半カレーとかもないのでラーメンとカレーライスってわけにもいきませんし。別の友人とで連続してとんとんに行くようなことがあればあのカレーを白米で味わいたいなと思ってはいますが。

どこのラーメン屋さんも最近ではそれほどマズイといったお店も少ないですが、だからといって叉行きたいなと思うかといえば別だったりします。

山梨県内のラーメン屋さんでも、チェーンでなく屋号や経営者も違いますがスープや麺を決まったところから購入してやっているので同じ味のお店もあります。そういう経営形態でやっているわけですが、そういうところはどうしても足が遠のくことが多いですね。私はあれが食べたいのでこのお店に行くみたいな選択をするので。

最後に、市川大門線を南下して桃林橋で笛吹川を渡ると市川三郷町(旧三珠町)といった感覚の方も多いかと思うのですが、とんとんのところって何故か中央市なんですよね。旧田富町。