2014年の初詣も甲斐国一ノ宮、浅間神社

もう年が明けてしばらく経ちますがおめでとうございます。

今年の初詣は(も)笛吹市一宮町にあり甲斐国の一ノ宮でもある浅間神社に行ってきました。2日のお昼ごろに。

ここのところ毎年浅間神社です。特に理由はないのですが、というか特に理由がないから浅間神社になっていたりしますです。

まあ過去にも一ノ宮である浅間神社から、二ノ宮の美和神社、三ノ宮の玉諸神社と巡ってみたりもしましたが、浅間神社からの流しでやってたりしますね。浅間神社のあと、摂社にあたる山宮神社に流れてみたりとか。

今年は浅間神社しか行っていないので大したネタもないので、浅間神社について掘り下げて?見ようかなと思います。ちなみに読み方は「あさま」です。

前々からこの神社は木花咲耶姫ということで富士山の火山を鎮めるために作られたにもかかわらずなんですっとぼけた方を向いているのか疑問でした。今でも疑問ですが。
先程も少し触れた山宮神社が元々の位置で、そこから現在の場所に移動したということのようで、山宮神社というのは地元で神山と呼ばれる山の麓にあり、その山が富士山の北に位置することや、当時笛吹市一宮町や御坂町といったこのエリアは国分寺があったり大規模な土偶の出土した釈迦堂遺跡があったりということで甲斐国でも中心的な役割を持った地域だったのだろうという想像ができ、そのことがこの地域に出来た理由なのかなと思ったりもするが、何故今の浅間神社が富士山のある南方向ではなく西方向を向いているのかはわかりません。

地蔵ヶ岳のオベリスク

ちなみにその方向には、鳳凰三山の地蔵ヶ岳がありここには左の写真のようなオベリスクが存在します。

ここ鳳凰山(鳳凰三山)は昔から信仰を集めた山であり、浅間神社の本殿はこちらを背にして建てられているのです。

しかも南から北に伸びる参道に対し、直前で90度方向を西に変える形で。

私はそのタイプをあまり目にしたことがないので、珍しいと思っているが本当に珍しいのかはわからない。

 

 

そもそも参道が富士山に尻を向けるっていうのもどいうものなのかなって。富士山本宮浅間大社と浅間神社の延長線上にあるのは「榛名富士」だったりするし。実際に目にしたことがないから一度は見に行きたいと思っているし、もう作り物、ピラミッドみたいな形もオカルト好きにはたまらない。でもなんていうんだろう、浅間神社の富士山を祭っていながらなんかないがしろにしている感っていうのか。

ただ山宮浅間神社(富士山本宮浅間大社の元宮・山宮(元摂社))と結んだ場合、その線がちょうど参道に入ってきていたりしますからそいうのも関係あるんでしょうかね。

この手のものを考えながら線を引いているともう大変なことになってたりしますし、何かしらのオブジェクトにぶつかったりしますので、それを調べるとまた深い歴史にぶち当たり脱線して結論なんてでやしねえ、そんな感じになるわけです。

でも浪漫がありますよね、こいう歴史には。
もうずっとそんなこと考えていたいものですよね(同意を求めるところじゃない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>