旧中道往還の右左口宿と精進湖周辺集落

旧中道往還。

現在の中道往還は国道358号線、地元では精進みちや精進湖線と呼ばれていますが、この道と山の中を並走するような形で旧中道往還が残っています。

もともと中道往還の中道という名は、昔からの道である若彦路(現在の笛吹市八代町から富士河口湖町大石へ抜ける若彦トンネル)と富士川沿いを走る現在の国道52号線である富士川街道の間を走っていたことから中道と名付けられたと甲斐国志に記されています。

中道往還の歴史は古く、江戸時代も海のない甲斐の国にとって海のある駿河との交易は塩を中心とした海産物を運ぶ重要なルートとなっておりました。

このルートを使って生まれたのが山梨の煮貝で、海のある駿河から鮑を醤油で煮込んで運んだ所、程よい距離と揺れとで美味しく仕上がったことから名物となりました。

その遥か昔、弥生や古墳といった時代においても意味をなしていたのではないかとも考えられています。その証拠に市町村合併で甲府市となってしまいましたが甲府盆地の南端に存在した中道町(甲府南IC付近)には、東日本でも最大級の前方後円墳や円墳が存在しこのエリアは山梨でも遺跡の多い地域になります。東海道側から内陸に移動し水が豊富で開けた甲府盆地に定住したのではないかとも言われています。

銚子塚古墳

 

中道往還で現在最も歴史の面影を残す宿場町は右左口宿になります。甲府南ICを精進湖方面に南下し、国道358号線の右左口(うばぐち)の信号の少し左記を右手に入っていきます。その先のT字路でぶつかる道路が旧中道往還の宿場町になります。

中道往還右左口宿

さらにそれを進んでいくと峠越えとなっていきます。現在も旧道は通行可能ですが、冬季は閉鎖されます。また、普通乗用車での走行はおすすめできないような路面状況(未舗装でこぶし大の石がゴロゴロ)ですのでかなりの覚悟が必要です。

私はスポーツバイクで精進湖の方から旧道を通り、あーもう絶対にパンクする、絶対に転ぶ、もうやだと無きながら超えましたね。オフロードバイクがさっそうと走り去っていく中。

右左口宿から山を超えると旧上九一色村の中心部で国道358号線と一旦合流します。その後また現在はトンネルになっている区間で阿難坂(女坂峠)を越えます。昔はもちろんトンネルなんてありませんからね。

阿難坂(女坂峠)

 

ここを超えると精進湖畔に出ますがその手前にも集落があり、当時の面影を残す古民家や精進諏訪神社や龍泉寺などがあります。

特に精進諏訪神社にある精進の大杉は 全国規模で見てもかなりの巨木で山梨県内を代表する巨木でもあります。同じ敷地内には諏方神社の大杉もあり、ひっそりとした集落の中にで威風堂々とした姿を遠くからでもみることができます。

精進の大杉

 

そして集落を抜けると精進湖にぶつかりますがここからの富士山もまた素晴らしいです。

IMGP4638

 

昔、河口湖で出会ったドイツ人が精進湖は日本のスイスだと言ってました。

スイスに行ったことないですけど今でも精進湖に行くとどの辺がスイスなんだろうと考えたりしますが、まだ答えは見つかっていません。

2013年の山始めは信仰の山身延山へ

2013年、山始めは身延山(1,153m)に登りました。コースは、下図のように身延山久遠寺を出発して表参道(東側)を登って 奥の院のある身延山頂上を目指すルートです。
当初は登頂後、裏参道を下って久遠寺に戻るつもりでしたが、車を2台用意することが出来たので 一台をスタート前に七面山登山口である羽衣に駐車し、久遠寺からそこを目指すこととしました。 昨年の4月にはここから七面山に登りましたが、このことによって身延山の修行道である久遠寺から七面山の敬慎院までつながることになります。
今回は4人のパーティーです。
09:32 身延山久遠寺(身延山大学)スタート
車を七面山登山口に置いてきたりといった作業が発生しましたので、
08:30スタートの予定が遅れに遅れ9:30過ぎでした。
気温はわかりませんが身延町切石のデータからみて、
多分このときはまだ氷点下だったと思います。
10:15 三光堂にて休憩
ちょうど休憩所が設けてありましたのでこちらで5分ほど休憩しました。
自動販売機も設置されていましたが、まだ運用を開始していませんでした。
暖かくなってきたら水分消費も増えますので助かるのではないでしょうか。
頂上にはロープウェイの駅や売店があるので重い飲料を持たずに登ることもできましょうか。
ただ何があるかわからないので私は1泊できるぐらいは持って行きます。
しかしそのおかげで体力を消費して怪我をしては本末転倒ですが、
この持っていく飲食物のバランスは難しいところです。
10:55 法明坊にて休憩
少し早いですがここでも5分ほど休憩を取りました。
こちらでは白装束のご夫婦が休憩されていましたが、
登りで出会ったのはこのご夫婦のみだったと思います。
下りではお二人?程すれ違い挨拶したと思います。
11:16 頂上(付近)到着
身延山のロープウェイ駅周辺に到着です。
1時間45分程ですね。
ちなみに休憩中に出会ったご夫婦によると身延山で修行しているお坊さん?は
下から上まで1時間で登るとか。そのまま七面山までいくらしいです。
確かに七面山に登った際にはトレラン以上?の速さで駆け下りてくるお坊さんに出会いましたね。
お寺なので肉などはありませんが、頂上には売店もありだんごや丼物などが食べられます。
頂上から富士山を眺めたり休憩などを30分程。
11:45 頂上を感井坊(裏参道・七面山方面)へ向け出発
30分ほど頂上に滞在し、軽く食事などを行い七面山登山口に向け山を下ります。
12:07 感井坊通過
ここまでは裏参道の方から車も来れるようで工事関係の車が来ておりました。
久遠寺方面に降りる場合、ここが分岐点となります。
当初はここで昼食をと思っておりましたが、あまり日当たりがなく寒いので
日の当たるところまで歩みを進めます。
12:17 昼食
ここまで林道上ですが落石した箇所も多く山の北側斜面を歩いているのもあり
日当たりもなく凍結箇所も多くありました。
途中で日が当たり落石の心配も少なそうなところがありましたので林道上でお昼としました。
12:45 出発
基本林道のような所なので歩きやすいですが、落石などが多く見受けられました。
また、途中では道路ごと崩落して代替道が作られているところもありました。
この辺りなど、身延町や早川町は糸魚川静岡構造線に近いのもあり落石や崩落は非常に多いです。付近の林道や県道なども頻繁に落石や崩落などで通行止めになります。 この日も朝には奈良田方面で崩落があり集落が孤立していました。
13:50 赤沢宿通過
古き良き面影を残す赤沢宿です。今では身延山から七面山へ抜ける人も減ってしまったので宿場町としては機能していませんが、それでも旅館が1つと週末のみ営業する蕎麦屋が1つあります。 蕎麦屋も気になっていたのですが、2月中旬から営業を再開しますとの貼り紙がありました。 しかしここはとても静かな集落です。 ただ集落でも川に近い下の方はまだ14時だというのにもう日が影っていました。 14:32 七面山登山口到着 その後は春木川の東側の道をひたすら進み白糸の滝を経てゴールです。 全行程で15.2km(GPSによる計測)5時間ほどの山歩きでした。 身延山はほとんどの箇所が山道というより林道を歩くような形になりますので 登山という感じとはちょっと違うかもしれませんが、我々が通った七面山へのコースは 過去に多くの修行者が通ったということもあり、また歴史を感じながら 普段の山歩きとは違った雰囲気を楽しむのがいいと思います。 山梨県でも南にある山はあまり温かくなると最近ではヒルが出たりもしますし 雪を避けた山登りをしたい場合には1000m前後の山を選びたいので GW前までは山梨県でも南のほうの山を中心に登っていこうと思っています。

33:天空の村、早川町の赤沢宿

先日七面山に行ったこともあり赤沢宿の紹介をしたくなりました。 この赤沢宿は、身延山久遠寺から七面山へお参りする道の途中にあったことから 江戸時代には宿場として栄えました。 今では身延山久遠寺から山頂の奥の院へもロープウェイが通り、 わざわざ歩いて身延山から七面山へ行くという人も殆どいなくなってしまったので 当時の雰囲気のみを残した宿場町となっていますが、とても古き良き面影を残しており、 いつかは身延山からここを通って七面山まで通して登りたいなあと思っていました。
街の中には石畳の道も多くあり、その後も最低限の手入れはなされている建物と相まって 趣を感じさせてくれます。 現在でも、この中で1件だけ旅館がやっていると聞いた記憶があります。 数年前に地元の方々でやっている「武蔵屋」というお蕎麦屋さんに行きましたが、 時間がゆっくり流れていてとてもリラックスできたのを覚えています。 土日祝祭日のみで平日は要予約でした。 どちらも曖昧な記憶なのでも興味のある方は調べてみてください。
 
場所からしても利便性という言葉からはかけ離れたところではありますが、 本来人は余裕を得るために便利を追い求めていたはずなのに、 結果不便を楽しむ余裕すらなくなってしまっている現代は一体何なんだろうかと考えさせられます。でも深く考えていると、まあどうでもいっかと思えてしまう程ののどかさがあります。

15:身延山久遠寺と七面山敬慎院を結ぶ宿場町、赤沢宿

身延山久遠寺と七面山の間にある赤沢宿。赤沢は日蓮宗総本山である身延山久遠寺と、霊山といわれる七面山を結ぶ参道の間にあり、古来より日蓮宗の信者や参拝客を迎える宿場として栄え賑わいをみせましたが、今はひっそりとその姿を国の重要伝統的建造物群保存地区として保持しています。 過去は豊富な木材資源を背景に、杣人や木挽きや大工など、多くの職人が育ち山村文化を形成してきたそうです。 akazawa2現在では旅館が1件と週末と平日不定休の蕎麦処が1件あるのみで宿場町としての活気はみられませんが、歴史ある宿場町の石畳や建物は周囲の静けさとともに、当時へタイムスリップするかのような環境を作り出しています。 akazawa1 脇を流れる春木川は糸魚川静岡構造線という日本を大きく分ける断層が走っており、フォッサマグナと呼ばれる東北日本と西南日本の境目とされる溝の西側にあたります。 フォッサマグナ自体は関東甲信越地方の下に形成されている窪地のことで、その深さは周辺の3000m級の山々の標高を足して考えると1万メートル近いともいわれています。その上に堆積した土の上で我々の多くの人々は生活しているということになります。 フォッサマグナ=糸魚川富士川構造線と間違うケースがありますが、糸魚川富士川構造線はあくまで線であり、フォッサマグナは面になります。 町の目の前には1982mの七面山が聳え立ち、標高差は1500m。このあたりから富士川周辺には、身延山の久遠寺を始めとして数多くの神社・仏閣が存在するのも、大地のぶつかり合う大きなパワーが衝突する場所がもつ地球的エネルギーに昔の人は神の力を感じ取り、人々を引き付け信仰されたのではないかと感じずにはいられません。自然の持つパワーを感じずにはいられない場所です。 写真は赤沢の少し上流にある七面山への登山口付近の春木川。 SANY3882.jpg ここにはこれから七面山へ登ろうという人たちや参拝を終えた人たちが白装束で集まります。登山口付近にはいくつかの旅館があり、頂上付近にある奥の院でも宿泊は可能ですが、そちらは寺院でありあくまで修行の一環で観光旅館ではないので注意が必要です。 身延山久遠寺から久遠寺奥の院へ歩き、そのまま身延山から赤沢へ抜け春木川を渡って七面山へ登る。それが歴史の流れを汲んだルートで、そのためにも赤沢は重要な休息場所だったことでしょう。 そのような行程では赤沢もしくは登山口付近への宿泊が必要で、七面山の敬慎院まで含めて日帰りで登るのはなかなかハードかもしれない。1泊2日、七面山でも宿泊をと考えるなら2泊3日の行程になりましょうか。 登山というより信仰の意味が強いものになるが、自分を見つめなおす意味でも一度そのようなルートで身延山から七面山までを歩いてみたいです。 赤沢は早川町にあり身延山は身延にある。七面山のほとんどは早川町にあるが、山頂付近は飛び地で身延町になっており市町村界という意味では少々ややこしい。信仰のモノなので安易に観光地化することの是非はあるとは思うが、もう少し身延山と赤沢、そして七面山のもつ地球や信仰の歴史と組み合わせれば、十分に満喫する意味を持ち合わせるスポットになるのではないかと感じました。