兜山から深草観音経由で大蔵経寺山へ

兜山駐車場からで兜山に登り岩堂峠の深草観音を経由して大蔵経寺山を縦走し スタート地点の兜山駐車場へ戻ってくるコース。
昨年私が山登りにハマり始めたものの、まだ冬の時期だったため 山梨百名山の中でも雪のない山へ登りたいと思い歩いたコースです。
この兜山と大蔵経寺山、あと岩堂峠から1時間ほどのところにある要害山については どれも標高1000m前後の山でありまして、岩堂峠や谷間など所々雪が残りやすい地点というのはどうしてもあるものの山梨百名山の中では比較的雪を気にせず登ることが出来る山なので今年もこのコースを歩いて来ました。同じ山を同じコースで歩くのは初めてかもしれません。
今回のコースはこのようになります。
中心から見て北東方向にある兜山山頂の真南の川沿いに駐車場があります。
全部で7.8台は置けると思います。
しかしながら兜山では岩登りをやる方も増えているようで、駐車場から20分程のところに10名弱の方々がおりました。 それもあってか帰りには駐車場はいっぱいでしたので、駐車キャパにご注意下さい。
兜山自体は1時間ちょっとで登れる山で、山頂から数分のところにある展望台からは甲府盆地が一望出来ます。 きっと桃の花の咲く時期にきたら良かっただろうなと。
まあ甲府盆地の周辺には山があるわけですから、今年は甲府盆地を眺められる山から桃の花を眺めたいなと。
駐車場にもコース図がありますが、兜山へは岩場のコースとそうでないコースがあります。 過去に鎖場などを歩いたことがある方は岩場コースで問題ないかと思います。 やったことはないけど興味があるのでやってみたいという方にもちょうどいいかなと思えます。 まあ、苦手という方には他のコースもありますのでご安心をということです。
基本的にこのコースは標識も多いので歩きやすいです。 また深草観音のような岩窟は他の山ではめったに見られませんし、大蔵経寺山の尾根歩きも眼下に甲府盆地を眺めることができます。
ただ岩堂峠から大蔵経寺山へ向かう際、八人山からの尾根と合流するまでの区間において、地形図には谷間に兜山駐車場方面への登山道が2本記されていますがこれらは見当たりません。 おそらく廃道となってしまったと思われます。 また、尾根歩きを示す登山道が地図には記されていますが、実際は尾根の少し下を巻くように歩きますので、地形図を元に計画されたり歩かれる方はその点ご注意頂ければと思います。 電車の方は春日居温泉駅から兜山に登り、大蔵経寺山を石和温泉駅に下ればいいのですが お車の方は、兜山駐車場に車があるのでそこまで戻らなくてはなりません。 兜山駐車場へは大蔵経寺山からは長谷寺方面に下るのですが、長谷寺の先は舗装の登りとなりますので角度が急であったり舗装だったりということで足への負担もありますから、皆さんにおすすめできるわけではありません。
今回のコース、総距離は18km程でした。 大蔵経寺山も回るとなるとどうしてもボリュームが出てしまいますので、深草観音から岩堂峠を戻り、川沿いの林道を歩き駐車場に戻るコースでもいいかと思います。

師走の山登りは今回もやはり富士山目当てで鬼ヶ岳・王岳

chizroid_map (1) ここ最近はどうしても空気が冷えてきて富士山が綺麗に見えるということもあって、 富士山周辺の山に登っています。
今回は以前の毛無山~十二ヶ岳~節刀ヶ岳~鬼ヶ岳の際に根場に下山したときのコースを逆に登り、 鬼ヶ岳を経由して王岳を目指します。 上記が今回のコースになります。 当日は友人と二人で登ったのですが、なんとトレッキングシューズを家に忘れてきたことに気が付きました。装備ができていない時には勇気を持って撤退する。案外そいうことはできないものですね。結局スニーカーで山に登りましたが、靴底は薄く常に足つぼマッサージを受けているような感じでしたし、鬼ヶ岳山頂では雪もあったりしてぬかるんでいるところも多く、滑ったり軽く足を捻ったりしました。 私の履くトレッキングシューズは、初めて山に登るとき、とりあえずで購入した数千円の安物ですが、こんなものでもスニーカーなどとは雲泥の差があります。 それが壊れたら次はもっといいやつを購入しようなどと思っていますが、いいやつを履いたことがないからか壊れる前に履き替えたいと思うほどではなかったりします。 個人的には、くるぶしまで隠れてそれなりの防水性能があり、そこそこ靴底が堅ければOKかなといった感じです。
地図画像
当日は08時07分に西湖湖畔駐車場(根場)を出発しました。 場所は右側のピンのところになります。 なお、いやしの里根場の駐車場も以前は有料でしたが無料となりましたし、なにより広いのでおすすめです。 左側のピンの位置がそうです。 今回のルートですと丁度いやしの里の駐車場のところに川沿いに下りてきます。
いつもに比べたら靴が運動靴であるのと友人と一緒なのとで遅いペースです。 それでも雪頭ヶ岳には09時57分到着です。 しかしながらあまりお天気が良くなく富士山は雲の中。雪頭ヶ岳頂上付近から鬼ヶ岳頂上付近は雪舞う状態でした。 しかし、この辺の木々の枝には雪が凍りついていて、これはこれで幻想的な感じでした。 クリスマスツリーみたいな感じでしょうか。 10時10分鬼ヶ岳頂上着 10時18分 鬼ヶ岳頂上出発 鬼ヶ岳から王岳までは尾根伝いに行くわけですが、雪が降った影響もあり所々足元がよくありませんでした。 最も普段の靴ならばほとんど気にならなかったのでしょうが、スニーカーに泥が付いて石の上を歩くとなると話は別です。ただし、たった一度しか滑らなかったとしても手をついて骨を折ることもありますから気をつけなくてはいけませんね。 11時00分鍵掛峠着 鍵掛峠手前でも一度休憩して富士山待ちをしたのですが、雲が切れそうで切れず富士山を望むことはできませんでしたが、ここでも依然富士山は見えません。 途中眺めのいいところもあるので天気が良ければ結構いい感じで見えそうだったりもするのですがお天気ばかりはどうなるものでもありません。 このあと、隠れた石に気が付かずに足を滑らせた際に軽く足を捻りペースが落ちました。食後には気にならない程度でしたが、靴は一番大事だなと思い知らされまくりです。 これが最後だといいながらいくつも登ったり下ったりして12時05分王岳頂上に到着です。 鬼ヶ岳からは徐々に回復傾向にあった空模様ですが、到着した頃には不穏な雲もかかりつつありました。富士山も6合目より上辺りは雲に覆われたままです。 ここで昼食としますが、食事中にもみるみるうちに黒い雲が出てきます。 この日は甲府盆地などでも同じ時間に結構強い風が吹いたようですが、王岳山頂も同様でした。気温はさらに低いわけですから寒かったです。カップ麺とコーヒーが体を温めてくれました。 食事を終える頃になると日も出始め、富士山の雲もどんどん消えていきます。もう少し待てばと結局1時間ほど頂上に滞在しました。いつもより歩みが遅かったことで結果として山頂で良い感じの富士山を見ることができたのかもしれません。
13時15分 王岳頂上出発 ここからは南へ尾根伝いに下るのですが、頂上からは1分もしないところでまず三方分山と根場方向との分岐が現れます。これについては看板もわかりやすく問題無いと思うのですが、その後根場方面へ降りるのであればさらに分岐する必要があります。頂上からは距離にして300m程、7分から10分程の場所だと思います。多少道が緩やかになったかなと感じたら東(左)に根場方面へのコースがあると思いだして下さい。そのまま下りることもできるようですが、野鳥公園の方へ下りてしまうようです。我々も危うく通り過ぎそうになりました。 14時13分 再湖畔駐車場着 ひとりの時ほどではありませんが、下りは小走りしたりもしながら下りてきましたので1時間弱で駐車場まで下りてきました。 帰りに付近の道路にある温度計を見ると2度や3度といった表示。山頂は何度だったんでしょう。思っていたよりもずっと寒くて氷点下だったかもしれないねと話しましたが、なかなか珍しい樹氷?のような風景やしっかりと富士山を眺めることができたので今回も満足のいく山登りができました。 しかしながら、トレッキングシューズを忘れるというミスを犯しました。不便を感じながらも今回は山を下りることができましたが、重大な危険はこのように気が緩み装備に不足が出た際に起きてしまうのかもしれません。今後はこのようなことの無いよう物心両面の準備を整えて楽しまなくてはいけないと思いました。  

36:富士見三景の一つ旧御坂

旧御坂峠からの富士山の様子です。 写真は最近のものではありませんが、ここからの富士山の眺めはなかなかのもので ここ旧御坂峠の天下茶屋前は富士見三景のひとつにもあげられています。 御坂峠、富士河口湖側にある天下茶屋には太宰治も執筆活動のため滞在したことが知られており、紅葉の時期などは特に混み合いますので注意が必要です。 鎌倉往還御坂路のルートで、御坂というの名は日本武尊が東国遠征の際に越えたことが由来とされており、交通の要衝であったということもあって、城が造られていたことがわかっていますが、その御坂城は日本で最も高地にあった城になるそうです
旧道であるため、道路もそれほど広くなくとくに笛吹市側は長く曲がりくねっているので少々走りにくいですが、それでもツーリングやドライブを楽しむ方がいますので走行する際にはご注意下さい。

27:中里介山の長編小説より。大菩薩峠

中里介山の長編小説で一躍有名になった大菩薩峠。 現在私はこの小説を読んでおりますが、あの小説の事の始まりはこの大菩薩峠での出来事なります。 その後大菩薩峠は出てきたかな?その辺は読んでのお楽しみですが、長編で未完というね。 地理的に大菩薩峠は甲州街道と並んで走る青梅街道の峠であります。 当時の青梅街道は新宿三丁目付近の新宿追分から甲州街道と分かれており、 現在の新青梅街道とは少々異なり田無を通り、瑞穂町手前で現在の新青梅街道と合流していました。 現在は青梅市から奥多摩町方向は国道411号線として整備されています。 大菩薩峠は奥多摩から甲斐国小菅村を通って塩山(甲州市)に抜ける為の重要な峠で、 現在の青梅街道(国道411号線)は奥多摩町から山梨県小菅村を通らずに丹波山村を通り 柳沢峠を越えて甲州市に抜けてします。 標高は2000m近くなることからかなりの難所だったはずで、 大菩薩峠の中には、濃霧が発生する場所があり、そこに迷い込むと脱出が困難になると言われています。 しかしながら関所がなく甲州街道より短かったのもあり庶民には多く利用されていたようです。 昨年の夏、この山に登りました。 丸山峠駐車場から、丸川峠経由で大菩薩嶺・大菩薩峠と廻って、 上日川峠を経由して戻ってくるというルートでしたが、一般的には上日川峠から大菩薩峠を目指すようです。上日川峠からのルートですと道中の多くが遊歩道のような整備された道で、 山小屋も多く食べ物にも困らない程で多くの人が行き交います。
0830:丸川峠駐車場発 1030:丸川峠着 1045:丸川峠発 1200:大菩薩嶺着 1215:大菩薩嶺発
1220:雷岩着(昼食) 1300:雷岩発 1320:賽の河原着 1335:大菩薩峠着 1400:大菩薩峠発 1430:唐松尾根分岐(福ちゃん荘)着 1445:上日川峠着 1500:上日川峠発 1600:上日川峠駐車場着 当日はお盆休みということもあり多くの人がおりましたが、それでも丸山峠から登った人は少なかったようで大菩薩嶺まで出会ったのは3、4人だったように記憶しています。大菩薩嶺まで登ってきたら人が多くなり、大菩薩峠ではこんなに多くの人がいたのだと驚いたほどでした。 丸川峠を経由する方も上日川峠から丸川峠に下りてきてバスで駅へ帰るというパターンが多いのでしょうか。 私の取ったコースは距離もあるのであまり皆さん歩かれないコースだったようです。 丸川峠発着だとどうしても距離が出てしまいますが、マイカーの方は時間的な自由が効く分こういう駐車場によって選択肢が狭まってしまうことは致し方ありません。 ただ、もし途中で想定外な事態が起きたり思わぬ疲労が蓄積した場合、上日川峠から丸川峠駐車場の方へはバスで下ることもできるはずなので、マイカーで来て丸川峠を経由する方は私と同じルートの方がプラン変更が容易かなと思います。 コース状況は、丸川峠から大菩薩嶺を目指すほうが途中木の根などがゴツゴツしていて急だったので、ここは下るより登るほうが楽そうでしたので、同じ下るのであれば上日川峠から丸川峠駐車場方面に下るほうが楽だと思います。 その辺は好みでしょうが。