山奥の電力施設

電力施設

これは随分前の調査レポートになりますが、各記事を分散して極力テーマやカテゴリーに沿うよう再編集しております。

ここを訪れたのは2008年の夏頃になります。

国道を進み、一本道を入りしばらく進んだところに出てくるトンネルを抜けると忽然と姿を現する電力施設。

工場はおろか民家もないところにあるこの現代文明の象徴とも言えるエネルギー施設を目にすると おそらく誰もが違和感を感じることでしょう。 近くには国家的プロジェクトとも言える計画が進んでいることもありそれと関連がないとはいえませんが。

ちなみに、ここを訪れた際の帰り道のトンネルで1台の車とすれ違ったのですなぜか、トンネル内でヘッドライトを消され・・・。そんなこともあってぐっと施設が謎な雰囲気に。 命も消されないでよかったのかな(笑) また近いうちに再訪して詳しいことをお伝えできればと思います。

八代ふるさと公園からの山梨リニア実験線工事の様子 その2

先日八代ふるさと公園に行く機会がありましたので実験線の様子を見て来ました。 現在、実験線は境川町まで建設が進んでいます。 今回の工区ではそこまでとなり、ここまでの実験線での新たな走行実験を行なっていく形のようです。この区間は東から沢を越えて八代ふるさと公園にぶつかり公園の下をトンネルとして通過します。 橋の中央部付近はアーチが掛かっておりませんので今は見ることができますが、おそらくアーチが掛かってしまうのではないでしょうか。 殆どの区間が覆われてしまうとの記事を見た気がします。 また、昨今の撮り鉄(電車を撮るのが好きな鉄道マニア)の行動を見ると、このような形になっていたらアーチの上を進み軌道が見えるところから撮影を試みようとすることが容易に想像出来ます。 個人的にはどこかからリニアの走る姿が見られればいいなあとは思っています。 運用なり試験走行なりを始めてくれないとアーチの判断は付きませんがどこか見えるところがあればまたお知らせしたいなと思います。

11:山梨唯一のアーチ型ダム、雨畑ダム

早川町にある雨畑ダムへいってきました。 国道52号の富士川クラフトパークのところから早川町方面(西)に県道を進んで行きます。 雨畑ダムの堤体の様子です。 本当は逆側から見たいのですが残念ながら見ることのできる場所が見当たりません。 雨畑ダム1 ここは山梨県では唯一のアーチ型ダムだったので逆側から見たかったのですが、山梨県の多くのダムが県の管理であるなか、ここは日本軽金属の発電用のダムということもあり立ち入り禁止でした。そういう指示にはしっかり従いましょう。よって残念ながら見れませんでした。 奥に進むと吊り橋がありました。 吊り橋 吊り橋2 歩く部分が板ですが、板を支える為に横に通っている部分も木です。板が折れたら落ちそうです。見た目よりなかなか頼りない感じの吊り橋です。5人以上で渡るなと言う文章とともに、関係者以外通行禁止となっておりました。残念。 SANY3792.jpg あとは、青くみえる湖面。 宿泊施設などもいくつかありましたし、家などもぽつぽつありました。ひとけはそれ程ないのに食材運搬のトラックなどが結構走っていました。不思議なもんです。 ちなみにここは紅葉が綺麗らしいです。やる気ならどんどん進むと静岡に抜けられるそうですが、かなり気合の入った長ーい林道らしいです。素人はやめておいたほうがいいでしょう。まあ林道のプロの存在は知りませんが、林道経験もなく行くようなところとは違うようです。 雨畑ダムへは、国道52号を南下し、富士川クラフトパークのところで早川を渡って西へ入り、そのまま早川沿いを走り、役場を過ぎてから「雨畑」という方へ左折するのですが、そのまままっすぐ、ずーっとずーっといくと広河原までいけます。こちらも秋などは紅葉で有名だそうです。また、南アルプスの北岳などがありますので登山者にも人気があるそうです。今は通行止めが解除された期間でありますが、ここ数年は通行止めの解除と同時にマイカー規制が敷かれる為入ることが出来ません。途中から、タクシーかバスでのみ立ち入ることが可能です。その先にもダムがあるそうですが存在を確認したことがありません。 広河原からは東へ抜ける道とそのまま進む道があり、そのまま進むと長野の方へ、東へいくと夜叉神峠があり、それを越えると南アルプス市外です。が、そちらへの分岐点も規制区間内の為、そのまま進むことはできません。行ったことはありませんが有人ゲートがあるとかないとか。夜叉神などという地名や進入禁止であることなどが、オカルト好きにはたまらない雰囲気をかもしだします。早川町が合併せずに存続するという決断を下した理由など、オカルトと絡めて考え出すといろいろな妄想想像をかきたてられます。 ただ通行禁止区間は全て南アルプス市(旧芦安村)なので関係ないですね。想像が飛躍しすぎです。ホント妄想です。 ほかには南アルプスを貫通するリニアトンネルの調査を行っていたりしますので、鉄ちゃんは行ってみてもいいのかなと思いますが、鉄道は通っていないのでマイカーで。

7:増富から信州へ

増富の信州峠経由で野辺山へ抜け北杜市を回る形で行ってまいりました。途中フラワーセンター(ハイジの村)向かいにある明野サンフラワーフェスの一面に咲くひまわりを見て行きました。がひまわり畑の遠くのほうでちょこっと咲いている程度。 ちなみに視察日は8/2(土)です。今はもう少し咲いているかもしれません。 明野サンフラワーフェス2008有料駐車場が会場の手前にあるのですが、咲いているのがこれだけだとちょっとがっかりだったでしょう。私は手前の無料駐車場に止めました。その後、増富の塩川ダムへ向かい途中水車のある蕎麦屋で昼食を取りましたが 予定していた蕎麦屋、みずがきそば処と違うところへ入ってしまい…。 食後はさらに道を上り信州峠を越え川上村へ抜けます。 道は全面舗装で特に問題なく超えられるはずです。 峠道を越えるとレタス?キャベツ?畑の間を通るまっすぐの道。 SANY3588.jpg 天気が良ければ気持ちがいい道です。バイクやオープンカーなら最高です。 そしてJRの最高到達駅である野辺山駅の方へ抜けました。 野辺山駅 そこから程近い野辺山の電波望遠鏡を見学しました。 電波望遠鏡 ちなみに8/12(火)はペルセウス座流星群が見られるはずです。 北東だったか北西だったかの空を見て見ましょう。北杜市とか野辺山あたりなら周りに明かりがそれほどないので綺麗に夜空を楽しめるはずです。 清里の八ヶ岳高原ラインを通り、途中東沢大橋の手前にある清泉寮のブリッヂショップによりソフトクリームを購入しました。 東沢大橋 清泉寮のファームショップなどはとても混んでいます。ソフトクリーム目当てならこっちだと並ばずに購入することができます。例のごとく食べ物の写真はありません。撮るのを忘れて手をつけてしまうからです。 その後七里岩ラインを経由して甲府へ戻ってきました。 暑い日に甲府盆地の暑さから逃げ出すように野辺山や清里行ってみると、こっちもそれほど涼しくないなぁと思ったりしますが、毎回そのような日は甲府に戻ってみると恐ろしい暑さが盆地内に留まっており、向こうがとても涼しかったことに気がつかされるのであります。