尾白川渓谷から日向山へ

8月某日、尾白川渓谷へ滝を目当てに行って来たのですが、 それを調べた際その北にある日向山が気になっておりました。 渓谷なのでやはり紅葉とのマッチングだなと思い、 秋になったら今度は尾白川渓谷経由で日向山登ろうと思っていたわけですが、 先日時間ができたのでどこかへ登ろうと思い立ち日向山に登ってきてしまいました。 思った通りまだ紅葉には早かったわけですが…。 ここからお伝えする写真は8月に行った際のものが含まれています。 今回は尾白川渓谷においてはあまり写真を撮らなかったもので。 前回8月に訪れた際は、8人ほどのグループで山登りをしない方が多かったのもあり 思っていたよりも時間が掛かりました。 11時10分頃出発して最後の不動滝まで途中でのお昼を含めて3時間程掛かったはずです。 途中30分以上は休憩していますが2時間以上は確実に掛かっております。 左の夏らしい写真はもちろん8月の際の写真です。 駐車場のところに売店があるわけですが、先日はもちろんラムネなんぞ売っておりませんでしたよ、ええ。 川の近くにも売店があるのですがこちらは閉まっておりました。閉店ガラガラ。 今回はひとりでの訪問です。
こちらの写真を見ていただくと中央上に不動滝がありますが、 その先錦滝までの区間に☓がついております。 この区間は途中で尾白林道に合流するのですが、その区間が崩落のため通行止めになったからか推奨されておりません。はっきり言うと通行止めです。このルートは自分で自分のお尻を拭ける方のみお願いします。 ただ、崩落場所は林道なのですがどのマップを見ても不動滝から林道までの区間に☓がついています。 実際、私が行った印象ではどこのことを言っているの?という感じでありまして、林道までの間に通行止めになるようなところも特にないという感想です。強いて言えば、不動滝手前で吊り橋を渡り、すぐ裏を進んでいくと最近はあまり人が歩かなくなったからか、道が少々曖昧になりつつあるといった印象を持った程度です。しかしテープもありますし、階段が残っていたり付いていたりしますので何も考えずに歩かない限りは問題ないのかなと私は思いました。あくまで個人的な感想です。 ただ林道自体は崩落が起きているということもあり、再発防止策も特に無いので通行止めにしているのかもしれません。現場まで行ってから危険ですと言われても困るだろうから図の中ではこの区間に☓を付けてくれている可能性が高いです。 10:08 尾白川駐車場出発 夏は川でのバーベキューなどで大賑わいだった尾白川駐車場も当時に比べるとかなりひっそりしています。バーベキューをやっているものなんぞひとりもおりませんでしたね。 同じように渓谷歩きが目的のグループやペアも何人かおりましたがこちらも8月ほどではありませんでした。 前回は駒ヶ岳神社や滝などを端から見ながらでしたが今回はずんずん進みます。 ちなみに尾白川は渓谷道の他にも下山道?がありまして、こちらから行った場合神蛇滝のすぐ先あたりで合流しています。 渓谷道はそこそこ険しいところもありますので、スレ違いが困難な場所もありますのでお戻りの際は下山道をご利用下さい。 西沢渓谷にしてもそうだったのですが、涼を求めてお散歩気分で行こうと思うと渓谷というのは思っているより足場が悪いところも多く、トレッキングやハイキングレベルを超えてるなという印象です。時折死亡事故が起きるのも行ってみればだいたい納得できます。これらの場所では普段着を着て観光気分で来ているカップルも見ますし、そういう方々は足元もよろしくありませんので注意すべきかと思います。夏に来た際には駐車場警備の方がそのへん注意を促している姿をみました。 尾白川渓谷は西沢渓谷よりもさらに危険レベルは高いかなと思います。 10:37 旭滝通過
この写真は8月の写真になります。 清涼感を求めて渓谷に行きつつも、この西沢渓谷というのは高度感からくるヒヤリという清涼感はあるかもしれませんが、川から結構離れてしまう箇所も多いので、川を感じたいのであれば西沢渓谷のほうがおすすめできるかもしれません。 まあ西沢渓谷についても、復路については川から離れてしまいますが。 10:50 神蛇滝通過 8月に訪れた際にはここで昼食をとりました。ここまで2時間近く掛けてきた気がしますが今回は40分です。倍以上のペースで歩いていることになりますね。どんだけゆっくりだったんでしょう。まあ写真を結構撮ったりもしていたので案外そういうのも時間を取られるわけですが。 11:20 不動滝吊り橋通過 70分ほど掛かって不動滝吊り橋に到着です。 この少し先で買ってきたおにぎりを食べました。あと朝食の為に買った菓子パンを2/5ほど。 前回富士山の時のシャリバテの教訓も虚しく?おにぎりをひとつ食べました。持ってきたおにぎりは2つ、それとカップ麺ですがいざ食べるときには用意が面倒になりまして手を付けず結局ひとつ食べて歩き始めてしまいました。 11:56頃? 尾白林道崩落現場通過
崩落現場になります。もちろん車などは通れませんが、徒歩なら問題ないでしょう。尾白川渓谷の渓谷道やこれから先の日向山への登りのほうがよっぽど険しかったかと思います。 ただ地盤が緩いという判断もあっての通行止めだと思いますのでおすすめしません。 8月に尾白川渓谷に訪れた際に不動滝までとしたのも、自分一人では無いためこのような危険を取ることは良くないとの判断でありました。 転んでも泣かない。自分で自分の尻を拭ける方のみどうぞ。 12:03 錦滝通過 不動滝以降人と会うことはありませんでしたが、錦滝まで来てようやく人と会いました。 ここには3,4組のグループがいたと思います。おそらく矢立石から林道を歩いて来てここから日向山を目指すのではないかと思います。
もちろん逆に下ってきた方もいるのかなと思いますし、結構小さなお子様を連れたご家族の方も何組か下りてきたりしましたがこのルートを下りるのはあまりよろしくないかなと思います。 登る際も木の根を掴んで登るような道ですのでこちらを登って尾根道を下るコースを取るのがいいかなと思いますね。 お子様連れやご高齢の方は特に。あとはグローブも忘れずにどうぞ。 13:00 日向山着 日向山は白砂が頂上付近を覆っています。雪山みたいですね。 ただ錦滝側から登ってくるとここの砂を登るのが意外としんどいんですね(笑) お昼過ぎでしたので、頂上でお昼を取っている方もいましたし、頂上手前ですれ違うグループも何組かいました。 本当は私もここでお昼にしようと思ったのですが、ひとりだと誰に気兼ねすることもないので、まあお昼もまだいいやと先延ばしです。
頂上では雲の多い天気ではありましたがそれでも八ヶ岳がはっきり見えました。 もっと寒かったり晴れていたらかなり綺麗に見渡せるんでしょうね。
頂上少し手前からの富士山。 雲から少しだけ頭を出してくれました。 どちらかというと、私は富士山に登りたいというよりも、他の山から富士山を見たいという感じの方が強いように思います。 登るにしても眺めるにしても、それだけ富士山に魅せられているのかもしれませんが。 実際三角点は少し離れた木の中にあります。 私は山頂から正規の日向山ハイキングコースがわからずにワサワサと南に向かってコースを取ることになりましたが、ハイキングコースは歩きやすいので気軽に登りたい方はこちらからでしょう。 13:40 尾白林道合流 下りでは20人ほどの団体さんと出会ってしまったのもありますがそれでも駆け下りたのもあり40分ほどで林道まで来ました。 ここには駐車している車も多かったので大半がここから錦滝に行くなりハイキングコースを行くなりして登っているのかなと思います。 あいにく私は尾白川駐車場に停めていますので、林道を横断する形でまた山に入ります。 ここから先は人に会うことはありませんでした。 このあともう一度林道に出るわけですが、林道に出ていいのかそれとも出ること無く下りていくのか判断に迷うところがありました。10mぐらい山に入るも引き返して、林道を数十メートル歩いたところに尾白川駐車場への看板がありましたが若干注意が必要かもしれません。渓谷の方に下りていってしまうとなかなか厄介です。 その後はまた看板もあるのですが、最後の最後溜池のようなところに出ます。ここには水はほとんどない状態で溜池かどうかもわかりませんでしたが、人工的な構造物は他にないのでわかるかと思います。このあたりで私は最後の看板をみたのですがその後のコースがわからずに道無き道をずかずかと下ることになってしまいました。 たしか神社の近くに日向山への分岐があった記憶がありますのできっとそこへ続く道があったのだと思うのですが、はっきり確認できないままほぼ着いたと思いズカズカとコースを取ってしまいました。 下ってきてこの溜池を左に見るあたりでは注意してルートを取りましょう。 14:08 尾白川駐車場着 距離:9.4km 時間:4時間 でした。 8月に行った際には不動滝までの往復で4時間23分掛かっています。 今回はひとりでしたし2ヶ月前に行っていて紅葉もなく景色もあまり変わらないということもあり スタスタ歩いたわけですが、いろいろ景色や写真を楽しんだりご飯を食べたりということを考えたら不動滝までの往復でもそれぐらい見ておくのがいいのかなと思います。 日向山までを見た場合にはなおさらもっと多くの時間を確保しておくのがいいと思います。

39:梅雨時のあじさい、南部町うつぶな公園

梅雨に入りましたが台風が日本列島を直撃したりで梅雨らしいのか梅雨らしくないのか、 そんな天気が続いています。
しかしながらうだるような暑さがあるわけでもなく、それほどジメジメとした日になるわけでもなく、
どちらかと言えば比較的過ごしやすい梅雨といった感じもします。
丁度この時期といいますと、
山梨県では南部町にありますうつぶな公園にありますあじさいが見頃を迎えます。 そんなわけで毎年気にはなっていたのですが、実際に訪れたことはなかったので、 先日、6/23(土)に南部町うつぶな公園まで行って参りました。 天気はあいにくどんよりとした曇り空です。 そんな空模様ながらあじさいなのが救いです。 あまりしっかりアナウンスがされていなかったので、 当日は公園まで車の乗り入れができないことを知りませんでした。 その代わりに役場からは無料のシャトルバスが走っていました。 ちょうどお昼前だったということもあり、私はうつぶな公園に訪れる前に 南部町役場前にある富士宮やきそばのお店こばやしに立ち寄り昼食としたので、 役場からの無料シャトルバスに気がついて乗ることができたのですが、 現地についてから停められない旨を伝えられ引き返す老夫婦の姿もありました。 また、期間中だけだと思いますが、入場料としてひとり300円の料金を徴収されました。 もちろんこれだけの公園のあじさいを管理するのは大変だと思いますので構わないのですが、 これについてもあまりしっかりアナウンスがされていない印象を受けました。 当日は太鼓などのイベントなどを公園内で行なっていたようですが、 お昼時だからか丁度何もやっていない状態にあたってしまい、 結構さらさらっとみて公園を後にしてしまいました。 あじさいは枯れても花が落ちないので遠目でみると長持ちするのかもしれませんが、 近くで見れば枯れていることもわかるわけで、実際いつが見頃なんだろうという印象でした。 枯れているのもありましたし、まだこれから咲くのもありました。 もう少しバランスを考えて彩りなどを工夫するといいかなとは思いました。 有料の割にはいろいろな面においてもう少し工夫があってもいいのかなといった感じの公園でした。 見頃がもう少しはっきりすれば印象もまた全然違うかもしれませんね。

36:富士見三景の一つ旧御坂

旧御坂峠からの富士山の様子です。 写真は最近のものではありませんが、ここからの富士山の眺めはなかなかのもので ここ旧御坂峠の天下茶屋前は富士見三景のひとつにもあげられています。 御坂峠、富士河口湖側にある天下茶屋には太宰治も執筆活動のため滞在したことが知られており、紅葉の時期などは特に混み合いますので注意が必要です。 鎌倉往還御坂路のルートで、御坂というの名は日本武尊が東国遠征の際に越えたことが由来とされており、交通の要衝であったということもあって、城が造られていたことがわかっていますが、その御坂城は日本で最も高地にあった城になるそうです
旧道であるため、道路もそれほど広くなくとくに笛吹市側は長く曲がりくねっているので少々走りにくいですが、それでもツーリングやドライブを楽しむ方がいますので走行する際にはご注意下さい。

芦川渓谷の山上より流るる千波の滝 「千派瀑布」

市川三郷町(旧三珠町)の芦川渓谷沿いにある千波の滝は、芦川に山上より流れ落ち注ぐ滝で、 落差は約80mあります。
時期によっては流れていないこともあるのもあり、また道からは山のかなり上にあることから 気が付かない人も多く壮観な眺めとは裏腹に、山梨でも意外なほど知られていない滝でもあります。

こちらの写真は芦川渓谷沿いにあるお寺、光勝寺になります。
紅葉の時期には周辺の芦川渓谷の紅葉もとても素晴らしく、川沿いの集落も古き良き日本を思い起こさせ タイムスリップしたかのような落ち着いた雰囲気を醸し出します。

芦川渓谷沿いの道は、古くから鎌倉や駿河への道として利用されており、 登って行くと精進湖線と呼ばれる国道358号線に合流します。 この国道は新中道往還とでもいいましょうか。この国道のさらに山側には江戸時代 徳川家康により整備された旧中道往還があり、渓谷沿いの道が国道358号線と合流した後 400m程精進湖方面へ進むと中道往還が国道358号線と合流します。

この中道往還を使い本栖湖方面から駿河へ抜けたり、大石峠(現在の若彦トンネル)を超えて 御坂みち(鎌倉往還)に合流して鎌倉に抜けましたが、 この中道往還は駿河から様々な海の幸を運んできました。 いまでもその時の味を伝えているのが甲州名物の鮑の煮貝です。

 生のままの鮑を運ぶことは当時の技術では無理でしたので、 鮑を煮てから保存加工として醤油に漬け込み運んだ所荷馬車の揺れと時間とで ちょうど美味しく仕上がったのが始まりとのこと。 鮑を購入したり貰ったりすることがあったら中道往還のそんな歴史も思い出しながら味わってみてください。