意外と信仰の山?富士見山

富士山の名前の由来は不死というところから来ているといった説を聞いたことがあります。

山梨県では至るところから富士山を見ることができ、むしろ見えないところのほうが珍しいぐらいなのでピンと来ないかもしれませんが、富士見という地名は富士山が見えるところに付けられていたりします。甲府にも富士見という地区がありますがどうだったかな、見えたかな?気にもしないや。

その富士見という名のついた山が身延町(旧中富町)にあります。場所は身延山からみて北にある早川を挟んだ反対側とでもいいましょうか。

この山に登るには一般的には平須か堂平の登山道を使って登りますが、どちらの登山道でも信仰を感じる祠などが目につきます。

平須の登山口には紙垂(しで)がぶら下がっています。紙垂とは白い和紙で出来たヒラヒラのやつです(説明が下手

平須登山口

もともとこれは死者を表し、ここからは神聖な場所であり不徳なことをするとこのように吊るしてしまうぞといった意味があるんだとか。

富士見山といっても山梨で富士山が綺麗に見える山はここ以外にも沢山ありますから、わざわざ富士見山と呼ばれる理由はわかりませんが、その富士見という響きから不死身を連想して信仰を受けている山のような気がします。

パイプで作った珍しい鳥居です。リーズナブルで運ぶのも楽。

 祠

宗教について詳しくありませんが、鳥居がパイプであっても大切にお祭りするという気持ちが感じられるので悪い気はしません。

富士見山の登山道には不思議な木も沢山あります。ご神木でしょうね。

木

頂上からは名前の通り富士山が見えますが、反対に目をやると南アルプスの山々を望むことができます。こればっかりは天気によりますが。南アルプス

堂平登山口には大峰蛇之倉七尾山の修行道場もありますし、こちらの登山道にも不思議な佇まいの木が目立ちました。

堂平登山口

 

この堂平登山のすぐ下にある橋はダイヤモンド富士のポイントとしても有名だそうです。

撮影できるタイミングは、2/6-8 7:12頃と11/5-7 6:42頃だそうです。

旧中道往還の右左口宿と精進湖周辺集落

旧中道往還。

現在の中道往還は国道358号線、地元では精進みちや精進湖線と呼ばれていますが、この道と山の中を並走するような形で旧中道往還が残っています。

もともと中道往還の中道という名は、昔からの道である若彦路(現在の笛吹市八代町から富士河口湖町大石へ抜ける若彦トンネル)と富士川沿いを走る現在の国道52号線である富士川街道の間を走っていたことから中道と名付けられたと甲斐国志に記されています。

中道往還の歴史は古く、江戸時代も海のない甲斐の国にとって海のある駿河との交易は塩を中心とした海産物を運ぶ重要なルートとなっておりました。

このルートを使って生まれたのが山梨の煮貝で、海のある駿河から鮑を醤油で煮込んで運んだ所、程よい距離と揺れとで美味しく仕上がったことから名物となりました。

その遥か昔、弥生や古墳といった時代においても意味をなしていたのではないかとも考えられています。その証拠に市町村合併で甲府市となってしまいましたが甲府盆地の南端に存在した中道町(甲府南IC付近)には、東日本でも最大級の前方後円墳や円墳が存在しこのエリアは山梨でも遺跡の多い地域になります。東海道側から内陸に移動し水が豊富で開けた甲府盆地に定住したのではないかとも言われています。

銚子塚古墳

 

中道往還で現在最も歴史の面影を残す宿場町は右左口宿になります。甲府南ICを精進湖方面に南下し、国道358号線の右左口(うばぐち)の信号の少し左記を右手に入っていきます。その先のT字路でぶつかる道路が旧中道往還の宿場町になります。

中道往還右左口宿

さらにそれを進んでいくと峠越えとなっていきます。現在も旧道は通行可能ですが、冬季は閉鎖されます。また、普通乗用車での走行はおすすめできないような路面状況(未舗装でこぶし大の石がゴロゴロ)ですのでかなりの覚悟が必要です。

私はスポーツバイクで精進湖の方から旧道を通り、あーもう絶対にパンクする、絶対に転ぶ、もうやだと無きながら超えましたね。オフロードバイクがさっそうと走り去っていく中。

右左口宿から山を超えると旧上九一色村の中心部で国道358号線と一旦合流します。その後また現在はトンネルになっている区間で阿難坂(女坂峠)を越えます。昔はもちろんトンネルなんてありませんからね。

阿難坂(女坂峠)

 

ここを超えると精進湖畔に出ますがその手前にも集落があり、当時の面影を残す古民家や精進諏訪神社や龍泉寺などがあります。

特に精進諏訪神社にある精進の大杉は 全国規模で見てもかなりの巨木で山梨県内を代表する巨木でもあります。同じ敷地内には諏方神社の大杉もあり、ひっそりとした集落の中にで威風堂々とした姿を遠くからでもみることができます。

精進の大杉

 

そして集落を抜けると精進湖にぶつかりますがここからの富士山もまた素晴らしいです。

IMGP4638

 

昔、河口湖で出会ったドイツ人が精進湖は日本のスイスだと言ってました。

スイスに行ったことないですけど今でも精進湖に行くとどの辺がスイスなんだろうと考えたりしますが、まだ答えは見つかっていません。

29:甲州街道一番の難所、笹子峠

江戸から諏訪まで続く甲州街道(旧甲州街道)で最も高低差があるのが笹子峠です。 この途中に矢立の杉と呼ばれる巨木があります。 ここは、出陣する兵士がこの杉に矢を射立てて戦勝を祈願したといわれています。冨士浅間神社が祀られており、北斎や二代広重などにも描かれています。 樹高約28m、根回り14.8m。 中は空洞となってしまっていますが立派な杉で、 最近では杉良太郎さんがこの矢立の杉の歌を作り石碑もできています。 多くの人々がこの峠を徒歩で行き交っていた頃は、この辺りに茶屋があったりしたそうです。 そんなことを思いつつ、笹子駅前のみどりやさんで笹子餅を買ってきて ここでお茶にするのも悪くない。 ちなみに笹子峠の旧道区間は冬季閉鎖となります。 また、開通期間においても崩落等で通行止めとなることも多くありますのでその点ご注意下さい。 主に旧笹子トンネルより甲府側が通行できなくなる事が多いので、 国道20号線を利用して笹子トンネルの大月側からアクセスすれば大抵行くことができるはずです。

22:北杜市増富エリアの比志神社とその周辺

北杜市にあり、増富温泉をはじめとして瑞牆山や金峰山などへアクセスする方も多い自然豊かなエリアである増冨。そこへ行く途中のみずがき湖より手前にある比志神社。 比志神社1連休の午前中に行きましたが、遠くでときよりツーリング中のバイクの音が聞こえるぐらい。 とても静かでのんびりした時間が流れます。 比志神社2 周りが田んぼでただの水路ですが、静けさもあってかなんかとても赴き深いです。 水路 近くにはエゾエノキの木 県の指定文化財 エゾエノキ 歴史あるものに惹かれる今日この頃。