大月市の扇山から望むスカイツリー

大月市にある扇山。

ここ扇山からの富士山の眺望は秀麗富嶽十二景のひとつになっており、北東にある権現山と南西にある百蔵山と合わせて郡内三山と呼ばれています。

麗富嶽十二景(しゅうれいふがくじゅうにけい)とは、大月市域内にあり、富士山を望む優れた景観がある場所として、 山梨県大月市が1992年に定めた12の山域(山頂)。

中央線を使い手軽に山登りが楽しめるということもあって、大月市付近までは都内からの登山者も多く訪れている印象があります。ここ扇山も富士山が綺麗に見えることもあって比較的多くの登山者が来ています。

鳥沢駅からは登山口までバスもでているので(扇山登山口)アクセスもしやすいです。トイレもありますし登山道も整備が行き届いています。

登頂時間も1時間から1時間半もあれば頂上に行けると思います。

扇山からのスカイツリーそしてなんといっても頂上から見えるのはスカイツリー!富士山よりスカイツリーが見えることに感動しているところが山梨の人間っぽいですね(笑)

この日は天気が良かったこともあり、都内のビル群を見渡すことができその中にスカイツリーを発見することもできました。

高尾山あたりからはまあ見えるだろうなとは思っていましたが、大月市から見えるとは思っていませんでした。さすがに634mあると一際飛び抜けてますね。

 扇山からの富士山

もちろん扇山からは富士山も綺麗に見えます。秀麗富嶽十二景ですからね。

大月市は結構山間にあるので、市街地からは山の陰になりあまり富士山が見えないことも多いのですが、それらの山の上にいくとこのように富士山を望むことができます。山の向こうにですが。

目の前に邪魔するもののない精進湖にあるパノラマ台からの富士山もいいですが、山の向こうに一際大きく姿を現す富士山というのも悪くありません。また、冬も本番になり雪がしっかりと積もった感じがとてもいいです。空気も澄んでいて遠くまで見渡せますのでスカイツリーも見ることができたのではないかと思います。

山中湖三国峠から秋の富士山

この時期になると空気が冷たくなり空が青く景色がくっきりとしてきます。
そんなわけでこの時期に富士山を綺麗に見ることができるスポットをお知らせします。

山中湖の東にある三国峠です。

ここは山中湖と富士山、そして遠くには南アルプスを望むことができます。
ちなみにそこから数百メートルも進むと神奈川県となり、さらに少し進むと静岡県となります。 金色の野と富士山

 

富士山と山中湖の眺めはとても良くパノラマ台にも多くの人が来ています。

11月も下旬に差し掛かると時期的にも寒くなってきて あまり出歩きたくなくなったりもするのですが それでも綺麗な富士山を見たいがために足を伸ばすことが多々あります。

山梨には富士五湖と呼ばれる5つの湖があります。 ・山中湖 ・河口湖 ・西湖 ・本栖湖 ・精進湖 の5つです。
天気さえ良ければどこからみてもいい富士山が見られるはずですのでご自分のお気に入りスポットを探してそこから四季を楽しむのもいいでしょう。

38:新東名、清水PAのネオパーサ清水

私は高速道路のサービスエリアやパーキングエリアが大好きです。時間を気にしない時は端からSAやPAに止まってみたりしますが、 高速道路を使うというときは時間を気にしている時が多いわけですからなかなかそうも行きません。 ここ最近の高速道路の話題といえば新東名でしょう。 東名自動車道の渋滞緩和を目的に作られた二本目の東名自動車道です。 山梨県に新東名は通っておりませんが、国道52号線を南下し山梨県の県境を過ぎ 静岡県に入りほど近いところに新東名の新清水ICがに作られました。 おかげで西方面や静岡市へのアクセスなどもぐんと良くなりました。 その新東名 新清水ICを名古屋方面へ向かった際すぐ出てくるのが清水PA、通称ネオパーサ清水です。 最近では高速道路のSAやPAも綺麗になっています。このネオパーサ清水もPAとしてはかなりの大きさで、建物内では様々なショッピングが楽しめるよういくつものテナントが入っており、飲食店も充実しています。 私は高速道路には用がなかったものですから、ネオパーサにも高速道路からではなく 一般道を使って裏側から入場しました。 ネオパーサ清水にはもちろん初めてで、一般道からの駐車場がかなり広く確保されているのに驚きでしたが、車も多く止まっていました。 パーキングエリアやサービスエリアはどこも大抵一般道からの入場ができるようになっております。 地元のSAやPAグルメを楽しみたいなと思うときにはそのような形で楽しんでいます。 内容はといいますと、ちょっと期待が高かったのもありましょうか。 最近では高速道路のSAやPAだけを目当てに旅行する方もと聞いたりしますが、 ここだけを目当てにして高速道路にはちょっと乗れないなといった感じです。 まあサービスエリアですからね。これだけを目的に行く私が間違っていますよ、ええ。
もちろんトイレや建物は綺麗です。ガラス張りが多く、ちょっとしたアウトレットモールとかをイメージさせます。ファッションや雑貨のようなお店も充実していますが、ここを目当てに楽しもうと考えた時には 少々物足りないわけで、かといって純粋に高速道路のサービスエリアとして使うときには、 車からサッと降りてトイレに行ったり食事が取りたいので、 車を止めてから目的を達するまでこじんまりとしたSAやPAに比べ時間を要するので、 本来の目的にはちょっと合いません。 飲食店の価格はちょっと高い感じですね。まあテナント料も結構するでしょう。これだけのものですと。 そんなわけでどっちつかずな印象が拭えませんでした。 SAやPAの中では綺麗でも、ここまでやるとなると今度は一般道にある各種施設とも勝負していくことになると思いますので、ちょっと戦略としてどうなのかなあと。 人はそれなりに多くいましたが、まだできて間もないこの時期ですから新しい新東名そのものを楽しんでみようという人が多かったのだと思います。 高速道路を使う人の利便性を考えた時にはあまりよくありませんから、トラックのドライバーなどは間違いなく寄らないでしょう。 高速道路のPAも場所によっては、地元のものを多く売っているところがあったりします。 比較的小さなPAに多く、道の駅ほどではないですが、地元に比較的近いメニューがあったりするんですよね。 その感じが好きなんですね、私は。 逆にこの感じだと、リゾートアウトレット行けばいいやとなっちゃうわけで、 高速道路を使うときの休憩にも使いませんね。 ひと回りしていでぼくのソフトクリームだけ食べて来ました。 いでぼくには何度か行っているのですが、あれ?こんな感じのソフトだったっけ?と。 悪い意味ではなく、なんかふわっとした感じでクリームに近い食感でおいしかったですが、 確かめるためにも近いうちにいでぼくにも行かなくてはなんて思ってしまいました。 いでぼくのソフトクリームはピザーラのお店に売っています。

芦川渓谷の山上より流るる千波の滝 「千派瀑布」

市川三郷町(旧三珠町)の芦川渓谷沿いにある千波の滝は、芦川に山上より流れ落ち注ぐ滝で、 落差は約80mあります。
時期によっては流れていないこともあるのもあり、また道からは山のかなり上にあることから 気が付かない人も多く壮観な眺めとは裏腹に、山梨でも意外なほど知られていない滝でもあります。

こちらの写真は芦川渓谷沿いにあるお寺、光勝寺になります。
紅葉の時期には周辺の芦川渓谷の紅葉もとても素晴らしく、川沿いの集落も古き良き日本を思い起こさせ タイムスリップしたかのような落ち着いた雰囲気を醸し出します。

芦川渓谷沿いの道は、古くから鎌倉や駿河への道として利用されており、 登って行くと精進湖線と呼ばれる国道358号線に合流します。 この国道は新中道往還とでもいいましょうか。この国道のさらに山側には江戸時代 徳川家康により整備された旧中道往還があり、渓谷沿いの道が国道358号線と合流した後 400m程精進湖方面へ進むと中道往還が国道358号線と合流します。

この中道往還を使い本栖湖方面から駿河へ抜けたり、大石峠(現在の若彦トンネル)を超えて 御坂みち(鎌倉往還)に合流して鎌倉に抜けましたが、 この中道往還は駿河から様々な海の幸を運んできました。 いまでもその時の味を伝えているのが甲州名物の鮑の煮貝です。

 生のままの鮑を運ぶことは当時の技術では無理でしたので、 鮑を煮てから保存加工として醤油に漬け込み運んだ所荷馬車の揺れと時間とで ちょうど美味しく仕上がったのが始まりとのこと。 鮑を購入したり貰ったりすることがあったら中道往還のそんな歴史も思い出しながら味わってみてください。