大月市の扇山から望むスカイツリー

大月市にある扇山。

ここ扇山からの富士山の眺望は秀麗富嶽十二景のひとつになっており、北東にある権現山と南西にある百蔵山と合わせて郡内三山と呼ばれています。

麗富嶽十二景(しゅうれいふがくじゅうにけい)とは、大月市域内にあり、富士山を望む優れた景観がある場所として、 山梨県大月市が1992年に定めた12の山域(山頂)。

中央線を使い手軽に山登りが楽しめるということもあって、大月市付近までは都内からの登山者も多く訪れている印象があります。ここ扇山も富士山が綺麗に見えることもあって比較的多くの登山者が来ています。

鳥沢駅からは登山口までバスもでているので(扇山登山口)アクセスもしやすいです。トイレもありますし登山道も整備が行き届いています。

登頂時間も1時間から1時間半もあれば頂上に行けると思います。

扇山からのスカイツリーそしてなんといっても頂上から見えるのはスカイツリー!富士山よりスカイツリーが見えることに感動しているところが山梨の人間っぽいですね(笑)

この日は天気が良かったこともあり、都内のビル群を見渡すことができその中にスカイツリーを発見することもできました。

高尾山あたりからはまあ見えるだろうなとは思っていましたが、大月市から見えるとは思っていませんでした。さすがに634mあると一際飛び抜けてますね。

 扇山からの富士山

もちろん扇山からは富士山も綺麗に見えます。秀麗富嶽十二景ですからね。

大月市は結構山間にあるので、市街地からは山の陰になりあまり富士山が見えないことも多いのですが、それらの山の上にいくとこのように富士山を望むことができます。山の向こうにですが。

目の前に邪魔するもののない精進湖にあるパノラマ台からの富士山もいいですが、山の向こうに一際大きく姿を現す富士山というのも悪くありません。また、冬も本番になり雪がしっかりと積もった感じがとてもいいです。空気も澄んでいて遠くまで見渡せますのでスカイツリーも見ることができたのではないかと思います。

16:歩け歩け東京、皇居周辺

山梨を良さを伝える為にもしっかりとした評価基準を持ったり、違いを知ったりしなくてはいけません。 そんなわけで?東京ぶらり旅。まずは皇居外堀から。 芝生や松の緑とオレンジや赤のコントラストがとても綺麗でした。 東京の秋もしっかり深まっております。 外堀 皇居日比谷方面からみた丸の内付近。 丸の内 休日、朝のオフィス街はひっそりしています。 でもそういうビルの森の中を散策するのもまたいいものです。 永田町の駅も人っ子ひとりいません。 無機質なビルや駅も人がいないだけでイメージがまるで変わってきます。 永田町 こちらは池袋サンシャイン通り。 都会の喧騒ではありますが、街と言うのはエネルギッシュなほうがいい気がします。 街や田舎のコントラストがお互いの魅力を引き立てるのだと思います。 サンシャイン通り そして最後は新宿の夜景。この日は休日なので明かりも少なめ。 新宿夜景 森が朝露と朝日で輝くならば、ビルは電気と暗闇をもって輝きます。 人と自然、喧騒と静けさ、田舎と都会、ビルと森、夜と朝。 都会の中に自然を感じながら、田舎を思い都会に焦がれ。 街の持つ魅力、自然の持つ力。 東京も好きだけど山梨も好き。それで全然いいと思う。 個性を尊重することは、相手のいいところを見つけて認めること。街も同じ。そんな気がしました。