走るリニアが見える

現在のリニア実験線は実験終了後そのままリニア新幹線の本ルートとして運用されることが決まっています。
実際リニアの窓からはほとんど景色が見えない(外でもトンネル状に覆いみせない)という噂もあるので、実際に運用した際に見えるかはわかりませんが、車窓からの時速500kmオーバーの速さもさることながら、外から走っているリニアを見たくもあるものです。
鉄道マニアでもない私がそうなのですから、鉄道マニアの中でも写真におさめたい撮り鉄と呼ばれる人たちにとってはかなりのものでしょうね。
実際のルートにおいて富士山とリニアモーターカーを写真に収められるポイントがどこになるのか全容はわかりませんが、東海道新幹線のように静岡県の富士山の南を通るわけではなく、山梨県内の山に囲まれた甲府盆地の南端を通るということからも、そんな絶好なポイントはそれほど多くはないのではないかと思っています。
この写真、どちらも小さいですが富士山とリニア実験線をフレームに収めてはいます。
しかしながら拡大してもらうとわかるのですが、 右の写真のようにリニア実験線の高架には覆いが被されており残念ながら走っていたとしてもその姿をうかがい知ることはできません。
JR東海も全てを覆うわけはないと思うのですが、あまりにもその姿を外部からみることができないとなると少々残念な気がします。
今のところ、都留市にある山梨県立リニア見学センター手前にはアーチは掛かっておりません。 現在は試験走行を行なっておりませんが、行なっていたときにはセンターで走り抜けるリニアをみることが出来ましたので、少なくとも実験の間この区間では外から走るリニアの姿をみることができそうです。

八代ふるさと公園からの山梨リニア実験線工事の様子 その2

先日八代ふるさと公園に行く機会がありましたので実験線の様子を見て来ました。 現在、実験線は境川町まで建設が進んでいます。 今回の工区ではそこまでとなり、ここまでの実験線での新たな走行実験を行なっていく形のようです。この区間は東から沢を越えて八代ふるさと公園にぶつかり公園の下をトンネルとして通過します。 橋の中央部付近はアーチが掛かっておりませんので今は見ることができますが、おそらくアーチが掛かってしまうのではないでしょうか。 殆どの区間が覆われてしまうとの記事を見た気がします。 また、昨今の撮り鉄(電車を撮るのが好きな鉄道マニア)の行動を見ると、このような形になっていたらアーチの上を進み軌道が見えるところから撮影を試みようとすることが容易に想像出来ます。 個人的にはどこかからリニアの走る姿が見られればいいなあとは思っています。 運用なり試験走行なりを始めてくれないとアーチの判断は付きませんがどこか見えるところがあればまたお知らせしたいなと思います。

37:山梨リニア実験線延長工事着々進行中

2025年までの開業を目指しているリニア新幹線。現在は山梨県内で実験線による走行試験を行なっていますが、 現在その実験線の延長工事が行われており、いよいよ甲府盆地にもリニアの軌道がやってきました。 現在は、笛吹市(旧御坂町や八代町)エリアでの工事を行なっておりますので先日様子を見て参りました。 右の写真は八代ふるさと公園からの様子です。 この実験線が、開業ルートにもなるということもあり 周辺の市町村ではリニア新幹線の駅をどこにするかなどといった話が進められているようですが、 山梨県は甲府市南部から中央市にかけてのエリアに建設されることが有力です。 個人的にはおそらくアイメッセ甲府あたりではないかと思っています。 山梨環状道路によるアクセスの良さと、平和通りによる甲府駅とのバスアクセス、 また国母工業団地のあたりには、中央道のスマートICができる事も決定しています。 リニア新幹線はJR東海の手がけるプロジェクトということもあり、 山梨県内では縦断するJR身延線とのアクセスを考えて 身延線小井川駅をリニア駅と考える方もいらっしゃいますが、 JR東海はリニア新幹線において山梨自体をそれほど重視していないように思えますので 私はその可能性は低いのかなと思います。 そう考えると、山梨県としても近くにビジネスパークや国母工業団地といった工業エリアがあることからも、甲府市南部エリアに建設してこのエリアの失敗を取り返したいという思惑があるのかなと思うわけです。 山梨県内に限らず国内では様々な企業の撤退が連日ニュースになっていますので、 円高や経営の合理化などリニアだけで工場や会社を誘致できる時代ではありませんが 地元の産業に大きく貢献してくれることを願っています。 リニア新幹線の開業まではまだありますが、実験線が完成すれば試験走行も行われるので、 甲府盆地でリニアの姿をみることも出来るようになるかと思います。 またここでも定期的にお知らせできたらと思います。

10:リニア計画は着々と

テーマとして取り扱いつつもリニアなんてまだまだ先のことだろと思っていましたが リニア中央新幹線計画の前倒しや南アルプストンネルの調査が順調であるとのことで、 だんだんと現実味を帯びてきました。 また成田-羽田間に新たに高速鉄道をという話も出始めているようで、 ならば品川-名古屋間を走る計画のリニアを成田まで延ばしてもいいんでは? なんて個人的には思っています。 富士山を中心とした多くの観光地を持つ山梨県としては、日本に来る外国人の方々に、 日本の玄関口である成田や羽田エリアから世界最速列車に乗って 富士山を始めとしてもっと山梨県を楽しんでもらうといった外国人観光への発展を期待したいものです。そうなると富士山により近い都留市に駅を設けることも適切か?とも思えますが 現在の東海道新幹線の代わりとなる訳ですからビジネスユースを考えないわけにはいきません。 また、東名高速(第二)と中央道を結ぶことになる中部横断道を計画している以上、 中京エリアと関東エリアを結ぶことが出来る物流の拠点としての工場の誘致などを見据え、 将来の経済効果などを考え個人的には甲府南エリアが適切かなと思います。 ここからはさらに個人的な意見となってしまうのですが、新幹線と同等のRがついたカーブが可能ならば、 私は現在の中央卸売市場のところにリニアの新甲府駅を建設することが 最も山梨県内におけるメリットが大きいのではないかと考えています。 その理由は、まず 山梨県の主要国道であるR20(甲府バイパス)に隣接しており交通のアクセスが容易である点。 また身延線も中央卸売市場脇を通っており現在のJR身延線を使って 甲府駅へ15分以内のアクセスが可能(快速などの導入では10分を切ることも可能?)になる点。 そして甲府駅から南に伸びるR358(平和通り)とも近く、 各種イベントが開かれるアイメッセ山梨や小瀬スポーツ公園にも近い点。 R20には近くに甲府昭和ICがあり高速道路アクセスもよい点。 国母工業団地(昭和)を始めとしビジネスパーク(玉穂)までの工業エリアに近く、 山梨環状道路の内側にあり、近隣の昭和竜王玉穂田富などの広いエリアに 道路網や鉄道網からのメリットが見込めます。 もちろん、R20の交通渋滞やJR身延線の複線化など必要となってくる対策やインフラ整備は出てきますが、東花輪ぐらいまで複線化および快速化が図られると鉄道の利便性も大きく増すように思いますし、そのことで甲府駅周辺へのビジネス化が進めばそれに伴い飲食などを始め活性が上がるのではないかと思っています。 JR東海が国を頼らない形での整備を発表したことで、民間企業の事業として以前よりは政治の影響を受けなくなったとは思いますが、この事業がただの土建屋さんへのばら撒き公共事業とならぬよう、多くの意見を取り入れながら県の将来を左右するということを念頭におきながら進めてほしいと思います。