100kmちょっとのツーリングルート(奥多摩方面)

甲府市はいいところです。

盆地なのもあり甲府市からは放射状に道路が伸び交通の要衝として栄えたのもありそこそこいい道(国道)がつながっています。

今回はお盆休みに行ったちょっと軽いツーリングのコースをご紹介します。

甲府盆地からですと130km前後ぐらいでしょうか。国道411号線を使い奥多摩方面へ行き丹波山から小菅へ抜けて国道139号線、松姫峠を使って大月の国道20号線へ抜けてくるルートです。松姫峠はクネクネが多いのでバイクならばまだしも車は少しストレスが多いかもしれませんね。でもズドンと山を貫いてショートカットするトンネルを作っているみたいです。

さらに距離を追加したい人は奥多摩湖まで行き、奥多摩周遊道路を使って上野原の方へ抜けることも可能ですし、上野原に抜けたら抜けたで今度は国道413号線道志みちへ接続して道の駅どうしや山中湖方面に抜けるのもおすすめです。そんなルートを通っていると山梨県内だけで200kmオーバーのツーリングコースになっていたりもします。

状況に応じて100Km弱から300km近いツーリングまでコースが作れちゃう山梨県。素晴らしいです。

私はこの日、大月から国道20号線を西へ進み甲府盆地へ戻ってきましたが、途中には道の駅甲斐大和もあります。ここは草餅を焼いたようなやつ(名前忘れた)があり暑くない時はおやつに食べます。午後遅いと売ってなかったりしますけど。

ちなみに丹波山村にも道の駅たばやまがあってざるそばが500円だったりします。当初ソフトクリームを買おうと思っていたのに、何が起こったかわからりませんがざるそばの食券を買っていました(価格差200円だったから)。味はどうでしょう。普通です。まあそばは時期があったりしますので難しいですが、少量で1000円近い蕎麦屋なんかもあったりしますから、それでも十分な満足感は得られました。量も普通でしたし大盛りも700円でありましたよ、ええ。良心的。

今年の秋にはお隣の小菅村にも道の駅こすげができるとか。温泉のところに。

24:山梨のソフトクリーム2(道の駅とよとみのシルクソフト)

道の駅とよとみ。 実はココ、ソフトクリームが充実しています。代表的なのは「シルクソフト」 シルクソフト ひと口食べてから思いだしたように撮影。 味はなんて表現したらいいんでしょうかね。個人的には好きな味です。 こちらは「もろこしソフト」 もろこしソフト 期間限定だったでしょうか。 あのエリアで作られているとうもろこしを使ったソフトクリーム。 とうもろこしの甘さや味を生かしていてこちらもアリ。 その他にも期間限定でいくつかソフトクリームが出てきます。 トマトソフトも、トマトの好き嫌いなどあるかもしれませんが甘すぎ ず私は結構好きな味です。 ソフトクリームとしては相場より少々お値段が高いですが(300円台後半ぐらい?) まあソフトクリーム自体が高い物ではありませんので許容範囲でしょう。 観光という意味では、あまりついでがある場所ではないので寄りづらいかもしれませんが 甲府盆地内にある数少ない道の駅なのでちょっとしたときに立ち寄ってみてはと思います。
シルクソフト

12:富士川クラフトパーク(道の駅富士川ふるさと工芸館)

先日は南巨摩エリアを視察してまいりました。いつからなったのかわからないのですが、富士川クラフトパーク内が「道の駅富士川クラフト工芸館」として道の駅化していて、休日に行ったのですが休日とは思えないぐらいひっそりしていました。 まああの公園はかなり広いので見えるところに人がいないのはわからないでもないですが、道の駅にもほとんど人がいませんでした。 とりあえずということでそこでソフトクリームを買いました。外国人の子供が「Goo!」と言っている写真が添えられています。英語なら「Good!」だろうにと突っ込まされるところになにやら嫌な予感が。 食べてみるとなんていうのかな。冷蔵庫の味。昔の冷蔵庫とかってたまにあんな感じあったかもっていう感じの味というか匂いと言うか。うーん、失敗。 クラフトパーク自体は広大な土地にいろんなエリアがあるので1日遊べるはずです。広すぎて全部回ると結構疲れるかもしれませんけど。あと前に訪れたときは園内に熊出没注意の看板がありました。 かなりネイチャー。

6:相模原市の宮ヶ瀬ダム

先日は宮ヶ瀬ダムを中心として相模ダム(相模湖)や城山ダム(津久井湖)へ行ってきました。
行きはETC割引を利用して高速道路で、帰りは下道を使い様々な施設を見てきました。 途中の談合坂SAではパンとソフトクリームを購入。味はうーん。まあまあ。パンはちょっと高め。
小麦粉とか上がっているから仕方ないんでしょうが。

相模湖ICで降り、相模ダム-城山ダム-宮ヶ瀬ダムの流れ。

宮ヶ瀬ダム

宮ヶ瀬ダムは観光ダムとしても確立されていて定期的に観光放流を行っており、内部見学会なども実施しています。また堤高156mという高さは下から見上げても上から見下ろしてもかなりのスケールで、そこに蓄えられた水の量を目にすると、人はこれほどまでの水をこの構造物だけでコントロールできるのかと感動すら覚えます。(ただしダム好きに限る

宮ヶ瀬ダム放流

山梨にも多くのダムがありますが、定期的に観光放流を行ったり内部見学会を行ったりしているということはあまり聞きません。 もちろんダムの主たる目的は治水にありますのであまり観光を優先しすぎる場合はいかがなものかと思いますが、ダムはその構造物のスケールなどから意外と人が集まっていたりします。 最近ではダムカードなどを配布し(山梨のダムでは残念ながら配布していません)、一部で密かな人気となっていたりします。 山梨は観光立国を掲げ大きな観光を狙っていますが、小さな観光をしっかり積み重ねる。そういう部分も必要ではないかなと思います。 その後、宮ヶ瀬からは道志みちを使い道の駅どうしへ。ここではとうもろこしを販売してました。

ここは二輪のツーリングの立ち寄りも多く、市町村合併の際は神奈川県と…なんて話が出たのもなんか頷けます。鮎の塩焼きやら道志村特産のクレソンなんかを中心に色々売ってました。 でもクレソンってちょっとシュールすぎ。いや悪くないんだけど。

そのまま都留へ抜けリニア見学センターを視察したかったのですが17:00を過ぎ閉館。 そのまま大月に抜け笹子餅を笹子駅前にあるみどりやにて購入してきました。 うん。お茶が欲しくなるね。